プログラマーと言う職業への就職を考えるにあたって、40歳からでは遅いのではないかと不安になるかもしれませんが、40歳からでも遅くはないと言えるでしょう。40歳では遅いと言う考えが出てくるのは、技術的な面で付いていけなくなるプログラマーが多いからです。しかし、それは若くからプログラミングを行っているためにマンネリ状態を起こして、新しい発想が出にくくなるからでしょう。
つまり40歳を超えてからプログラミングを行っていく際には、問題がないはずです。この職業においては人脈も大切になってくるでしょう。そのため、40歳までに作り上げてきた人脈が生きてくる可能性もあります。自分が作った人脈を活かせるのであれば、40歳と言う年齢はプラスになるかもしれません。勤務時間が不規則なので、体力面での問題もありますが、体調管理を怠らずにいることで乗り越えられる問題です。
プログラマーの休日の過ごし方には個人差がありますが、未経験で就職した人やスキルの向上を求める人は基礎をしっかりと習得できる資格試験を受けている人が多いでしょう。他には休日はプログラムに関することから離れて、映画や読書を楽しむことに時間を使っている場合もあります。この休日の過ごし方にはリフレッシュの意味もありますが、プログラミングを行う際に必要な新しい発想を生み出す訓練にもなっているのです。年齢の問題は気にせず、新しいものを追求していくことで、40歳からでもプログラマーの仕事で活躍できるでしょう。