プログラミングを始めるのに年齢は問題になりません。実際に70歳を超えて、いまだ現役で日々新しいプログラムを発表しているプログラマーもいます。大切なのは、常に新しいことを吸収していく能力なのです。例えば、それまでに経験してきたことを生かしたり、蓄えてきた知識や、趣味で培った特技を活用して、プログラマーとしての自分を売り込んでいくのも良いでしょう。
たしかに、プログラマーは35歳で定年するようなものと言う声もありますが、これはあまり当たっているとは言えません。なぜなら、プログラミングは特別な才能と言うよりもそれまでの訓練や努力の積み重ねによって能力を伸ばしていく技術分野であるからです。プログラミングをする時には、あるモノに指示を出し、その指示を受けて次に物事がどう動くか、と言うことの繰り返しで作業が行われます。
これは人が日常でいつもこなしている人間関係と良く似ています。誰かにおつかいを頼む時や、相手の気持ちを考えて自分の言葉を選ぶ時など、人は無意識の内にプログラミング的な物の考え方を行っているのであり、そしてそれを今までより長く続けてきた人、つまり何かにつけて経験を積んできた人ほど、プログラミングをやっても成功しやすいと考えられます。40歳からプログラマーを志して勉強している人でも、決して遅くはないでしょう。むしろそれまで他の分野で活動してきた人の方が、考え方が柔軟で良いと言えるのかもしれません。